スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

久しぶりの更新と久しぶりの美味しいお酒

2013年がスタートしました。
仕事だった私は、正月気分を味わうことなく、いつものバタバタした水曜日を過ごしていた。

しかし、縁とは、良くも悪くもいつも驚きを与えてくれる。

先日、昔の仲間に会った・・・

もう40前のいい大人だが、青春の時代に戻してくれる。

会社の飲み会とは違う、最高に美味しいお酒・・・

あっという間に、時間は過ぎ、その瞬間を惜しみながら解散。


一人しばらく、歩いて帰った・・・


彼女が帰って来ていたことに驚いた。

何年ぶりだろう・・・

あれからずいぶん時間が経った。

もう連絡先もしらない・・・


またいつか会える時を楽しみにしながら、

少し小走りになった・・・




スポンサーサイト
2013-01-06(Sun)
 

死闘のキャンプ

受付を済ました私達は、そのままキャンプ場へ入っていった。

空はどんより暗く、風も強く吹いている。しかし幸いなことに、雨は降っていなかった。

「よしこの辺に立てよう」

購入後、初めてテントの箱を開ける。

取り扱い説明書を読みながら、

「これがこうなって、あれがこう?アレ?違う逆かな?」

シロート絶好調の私達は、モタモタしながら、テントと格闘していた。

後から、2組の来場があったが、私達より、先にあっという間に出来上がっていた。

まずいぞ・・・空が暗くなってきた・・・

そう思ったら、水滴が上から・・・ポタポタ・・ザァ~

「うぁ最悪じゃ!降ってきた!!」

しかも結構な大粒だ!そして結構な風だ!

「うぉ~飛ばされる!!そっち持てや~」
「わ~ヤバイ」

私達は、どしゃ降りの雨の中、夫婦の絆を深めていった・・・


車の中で待機している子供達の顔が忘れられない・・・

超不安そうな顔が窓越しから覗いていた。


2010-08-21(Sat)
 

初めてのキャンプ

夏休みが取れ、家族で別府まで行って来た。

2泊3日の旅である。

二日目は私達にとって、大イベントが控えていた。

初めてのキャンプである。

言っておくが、私はインドア派である。勿論妻もインドア派である。
テントなんて、小学校のグランドで立てた、三角テントしか記憶にない


そんな私達が、この度キャンプ場でテントを立てて、一夜を過ごすのだ。

その日の為に、バーベキューセットを始め、テントやランタンなどアウトドアグッツの多くを揃えた。


さあ出発だ・・・

車に荷物と期待をギュウギュウに詰め込んで出発した。。。。


そして・・・・


待ってましたかのように、事件は起こるのです・・・


1泊目のホテルでテレビを点けると・・・
「台風4号が九州北部を通過して・・・・」

でた!出た!デタでぇ~

この猛暑の中、梅雨明け後、殆ど雨が降らなかったのに、私が旅行に行くたった3日間・・・

更に、よりによってキャンプの日に、台風だなんて・・・

「ついてないにも程がある!!」

御盆の為、どのホテルも満室状態である。
私達の選択は、帰るかキャンプをするかの2択になった。
この日の為に多くの出費をしている・・・

負けず嫌いの私は、シロート絶好調の考えで大丈夫だろうと言う決断を下した。

現地に到着・・・

現場には、数個のテントが張られていた。
「おお?大丈夫そうだ・・」人がいると何故かホットする自分がいた。

カウンターで受付を済ます。
「キャンプは初めてですか?台風が近づいてますが・・・」
ギクっとしたが、そこは勿論
「ああ・・問題ありません・・」と修羅場を潜ってきた男の顔を作り出した・・・

つづく・・・







2010-08-20(Fri)
 

働き盛り?

毎日があっと言う間に過ぎていく。

手帳のカレンダーを捲ると、予定がビッチシ書かれてある・・・

一体自分の自由な時間はどこへいったのだろう


ため息をつきながら、会議室へ向かう。


そこでまた新たな宿題を出される。


「いつまでに解析し提出するように。」

それが上司の口癖だ。


これが、30代というものなのか、働き盛りと言うものなのか?


先日、組合の選挙で役員に選ばれてしまった。

これでまた仕事が増え、休日がつぶされる。




最近癒しがほしいこのごろである。










2010-08-01(Sun)
 

再チャレンジ

どうやら、これからの時代は日本語だけでは、認めてもらえないらしい・・・


最低でも2カ国語を喋れないと、競争社会で生き残っていけないようだ・・・


それは、企業は勿論のこと、自分自身の会社の立場もしかりである。


先日、会社で会議があり、上司から「中国語や英語を話せる人は手を挙げなさい」と求めてきた。

どうやら、本社では、外国の市場に対し、次々と進出する計画を立てているようなのだ。


言っておくが、私の中学時代の英語の成績は、全くと言っていいほど出来なかった。

時代の流れに対し、以前から英語を学ばなくてはと思っていた私は、何度もチャレンジしていた。

しかしそれは全て失敗に終わっていた・・・


ヤバイ・・・なんとかしなくては・・・

そんな私が、今窮地に立たされようとしている。


以前購入した英会話教材のホコリを吹き落とす・・・

これではまた挫折してしまうのだろう・・・



駅前留学は、月10000円以上かかるそうだ。とてもじゃないがむりである。

現在、安い英会話スクールを探し中である。

それと同時に目標もみつけなければ・・・・

苦悩の日々が続きそうだ・・・



2010-06-26(Sat)
 

初恋

今年小学3年生なったミリアが、クラス写真を持って帰ってきた。

どんなクラスかと見ていると、横からいろんな説明が入ってくる。


「この子とこの子が仲良しで、誰が誰のことを好きなのとか・・」


もう8歳にもなると、男子を異性としてみているのだと気がつく。


「ちなみにミリアどうなん?好きな男の子いるの?」

何気なく聞いてい見る・・・


「いるよ・・・4人いる!!」

「イヤイヤ・・・その中で一番を教えて?」


どうやら№1は2人いるらしい・・・

流石は私の娘・・・この先が思いやられる事間違いなしである・・


私の初恋・・・


いつだったかな・・・
2010-06-11(Fri)
 

「香り」にうるさい男

言っておくが、私は香りにうるさい男である。

アロマのブレンドで、「サンダルウッド」と「イランイラン」、それに「ベルガモット」で極上ブレンドの香りを作りだしたものだ。

ショッピング中の店内でアロマが香ると、ここの店長やるな!エールを送ったものであった。



そんなある日・・・・

新しい、理容店をさがしていた。

最近、散髪屋であったり、美容院であったり、様々な所に出掛けては
自分にあったお店をさがしてる。


先日倉敷駅北口に、新しいお店がオープンしたと言う情報を仕入れ、早速出かけてみた。


そこは以前結婚式プロデュースのお店であり、私達夫婦もそこでお世話になった、思い出の場所でもある。

非情にも閉店し店内を改装したらしい。

ちなみに、私達夫婦はレストランウエディングだが、そのレストランも今ではスーパーに変身している。
思い出の場所が次々と無くなるのは、寂しいものである。


クッソーその内、我が夫婦も思い出になって振り返ることに・・・

おっといかん話がズレてしまた。




店内に入ると、好みの香りが私を包み込んだ。

あっ・・・いい香り出してるじゃねーか・・・


このブレンド・・・かなりの柑橘系の香りをつかっているな?

しかもベースには、心落ち着く種類のアロマを使用している・・・

この配合・・・シロートじゃない・・・

ヤツは出来る・・・・!!
私は半笑いで店長を睨んだ


この配合を盗んで、早速家で試してみたい・・・

しかしこれほどまでに出来る店長だ!そう簡単に教えてくれるだろうか・・・

ラーメンの世界では、スープのレシピを教わるのと変わりはない。


チャンスは1度きりだ。
まずは空気作りから入ろう。友達にならなくては・・・

私は極上のストロベリートークで彼の心をわしづかみにした。



そして緊張の中、ついにその時がやってきた。
恐るおそる声をかけてみる。




「すいません・・・この香り店長の趣味ですか・・・」

「そうです」

「いい香り出してますね・・・」

「有難うございます」

「もし良かったらブレンドの中身を教えてもらえませんか?」


言った!!ついに訊いてしまった!

緊張が全身を駆け巡る。

店長も困惑した表情でこちらを見ている。。。それは当たり前だろう。言いたくないはずだ。

「出来ればぜひ・・・」後押しもかかさない。


そして店長から想像もつかない答えが返ってきた。。。



「・・・消臭ポットです・・・・表のホームセンターに売ってますよ・・・」


「・・・・・・」

「・・・・・・・」

「・・・あっそうですか・・・・どうもありがとうございます・・・・寄って帰ろうかな・・」



それから髪を切り、外へでるまで終始無言だったことは言う間でもない・・・





2010-05-10(Mon)
 

職歴による壁

先日、天気が良いので、子供と散歩をしていた。

近所に同じ会社で、数年前に定年退職した人が住んでいる。

家の前を通ると、彼は外で洗濯物をしまっているところだった。


「こんにちは」と声をかけた。

彼はこちらを振り向いて、「オウ!」と返事が返ってきた。




私はその彼の顔が頭から離れない・・・・




彼は出世した人生を歩んでいたわけではない。

仕事をしていた頃の彼は、常に眉間にしわを寄せ、通常の年齢より老けて見えていた。

休みの日に道で会っても、その顔は常に疲れているようだった。



ここまで変わるものなのか・・・・


その笑顔は、血色も良く、本当に充実した日々を送っている様であった・・・


こんな事を思うのだ。



仕事で地位や名誉を築いても、それは悪魔で社内でのこと。。


仕事を辞めれば、以前の部下も関係ない。。。


勿論自分が今まで培った経験なども、他人から見れば興味もない・・・


しかし、今まで仕事人間として、手に入れた職歴には、無意味なプライドが存在する。


それが次の人生で邪魔をするのだ。。。。


定年退職後、急に老けた人や、毎日やることがなく家で過ごす人の話を良く耳にする。



近所の彼はそんなチンケな心配はなさそうだ・・・












2010-05-09(Sun)
 

ソラニン

昨日、映画「ソラニン」を観に行ってきました。

ストーリーが進むにつれ、あちこちから鼻をすする音が聞こえてきます。

分かりやすい内容だったけど・・・・

やはり彼女の演技は素晴らしい。


映画の彼女を見事に演じている気がしました。

これからも多くの作品で、様々な役柄で、

私達を魅せてくれるのでしょう。



2010-04-20(Tue)
 

人事異動

もうすぐ4月になります。


我社は大きな人事異動が予定されており、その配属の話題でもちきりです。


勿論、移動の対象に私も含まれていることは言うまでもないだろう・・


信用ある情報によると、わたし上に立つ上司はハンパなく恐ろしいヤツらしい。


どうやら皆からジャイアンと呼ばれているらしいのだ。


そんなヤツの下で働くなんて、考えただけて、心が折れそうになる。


もうすぐ、発表・・・・


全然楽しみでない春が訪れる・・・
2010-03-30(Tue)
 
プロフィール

  kj (HI-KICK)

Author:  kj (HI-KICK)
夜明けの深い青空のように、澄み切った気持ちで日々を綴っています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最近のトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
占いブログパーツ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。